クロスステッチ日誌

Cross-stitch 製作と作品の記録♪

ドガ「舞台の踊り子」2017-10-01Sun~10-02Mon

f:id:ruiruix:20171004093911j:plain

だいぶ進んだ!

販売元に行って、完成画像を確かめたら、やっぱりこんな風な淡い色合いだった。

ただ、いろいろ調べたら、18ctに1本どりは少ないらしい。。

18ctは2本どり、25ctくらいになると1本どり、というのが基本だそう。

確かに、18ctで1本どりだと、×の隙間が微妙に見えて、バッテンだというのがわかっちゃう。

ただ、その「布の色が微妙に透ける感じ」「淡い色合い」のために、

わざわざそうする場合もあるそうだ。

なんか、やっぱり、奥が深い。

私がクロスステッチを教わったのって、、、小学校の家庭科クラブだ!

バラのクッション(オリムパスだったと思う。目がすごく大きかった!)を刺したんだけど、

その時に「並んだ升目を、行ったり来たりしてバッテンにするのよ」

「上になる糸をそろえるときれいよ」

「玉結びはごろごろするからダメよ、後に糸を渡すのよ」

この3点を先生に教わっただけ~

そうだ、「糸はなめて針穴に通すのではなく、折って滑らせて通してね」とも言われた!

それ以来、すべて自己流。。

ま、ごく簡単だから、やり方とか今更調べもしないし、ネットで見るのはキットかチャートなど販売サイトばっかりだったし。

しかし!

この前のHEADに心を奪われて、25ctの生地ってどんなもんでしょ、と、

いろいろグーグル先生に聞いたのだった。

ま、踊り子はこのまま完成させて、次作からいろいろ試してみる予定♪