クロスステッチ日誌

Cross-stitch 製作と作品の記録♪

旅行中楽しかった♪ 出先でクロスステッチ☆彡

旅行中のクロスステッチについて、振り返ってみます。

機内での作業は、とても楽しかった!
今まで、寝なくちゃ、と思いつつ寝れなくて苦しかったんだけど、眠けりゃ寝ればいいし、眠くなきゃチクチク、と思うとすごく気が楽で、逆に2時間くらいスッと眠れたり(⌒∇⌒)単純作業は眠気を誘うのよ~

ただ、針の管理はすごく気を付けた。1本だけ、と決めてたので、できるだけ広い範囲を刺す色を機内用に残しておいて、色替えはほとんどしないようにした。はさみも使えないしね。

クリップ式のライトはどちらも使わなかった。てか、使えなかったけど読書灯で大丈夫だった。大きい方は、クリップで付けるところが無く、小さい方は眼鏡のつるにつけたけど角度が悪くて手元が照らされず、つける意味なし~商品写真を確認したら、ドライバーの先に着けて、ねじ山が照らされて良く見えてた。ということは、つけるところと平行な光線な訳で、眼鏡のつるだと角度が違うからひと工夫が必要だった。。ちょっと頭を傾げればいいか、と思ってたんだけど、一瞬ならいいけどずっとじゃね。。

はさみの代わりのミニソーイングセットのカッターは、まぁまぁ。とりあえず、2,3回だけど使ってみて切れたからよしとします。ただ、カッターだから、糸をぴんと引っ張っておいて力で切る、って感じ。下手すると×の目が崩れちゃうので、本当に緊急時用でした。刺し終わった糸を垂らしておいて、別の所を刺すようにはしてたんだけど、後からの糸始末もめんどいし、垂らした短い糸も邪魔。何とかならないかな~(;^_^A ソーイングセット自体も、今回初めて使った!短パンをひっかけて切っちゃったから、とりあえずの補修に。。やっぱり次回も持って行こう。

楕円枠はとっても使えた!狭い機内で快適だった^^緩むけど、仕方ない。枠無しよりやりやすいし、持ち運びにも袋に入れやすくて良かった。丸枠だとスペースとるし、サブの枠としてこの大きさはかなり良かったのでは、と、自画自賛してみる!

印用の蛍光ペンは普通サイズにしておけばよかった。普通サイズのものは、片手でふたを開けられたんだけど、ミニサイズは開けるのに両手が必要なのでいちいち枠から手を放さないといけない。しかも、揺れる機内、テーブルから転げて見失う。うう。ま、自宅でももうミニサイズは使わないと思う。研修等でノートを取る時には可愛いし便利だと思うけど。

下敷き用に厚紙を持って行ったのは◎だった!チャートのコピーを磁石クリップで留めて、とても使いやすかった。

チャートは、今までは下側部分だけを突合せ部分で折って、上側のチャートに重ねてつなぎを確認していて、重ねた部分がずれちゃうことが多くその都度確認してた。ふと思いついて、上側も出来上がりで折るようにした。突合せなら、横方向のずれだけ気にすればいいから、ぱっと見で状況がわかる。クリップ片側1カ所で全然問題なかった♪ただ、余白を全部折っちゃうから、このチャートがどの部分かはいちいち裏側を確認しないといけないけど。

どこに行くにもこのセット必携だわ、と思いました(⌒∇⌒)
次回はどこでホリデーかな♪♪